元塾講師だから語れる省エネ受験.com

元塾講師だからこそ、一番効率の良い方法を知っている。受験に向けて費用を最小限にして合格を勝ち取り方を提案する。

省エネ

【省エネ】冬休みの過ごし方はどうするか?冬期講習は受講すべきか?

投稿日:




どうもこんにちは!元塾講師のヒロです。
さて今日は「冬休みの過ごし方」についてお話しします!

冬休みというと12月下旬から1月の上旬までと約2週間ほど学校が休みになります。

中学受験生の小学6年生にとっては直前期にあたり追い込みを掛けていく時期にあたります。

さてこの冬休みをどう活用するか参考になれば幸いです。

 

小学4年生までは家庭の時間を大切にする!

小学4年生までは塾で冬休みを過ごすべきか要検討です。

塾が開講しているのは約8日間でできることは限られています。

爆発的に成績がこの冬でアップすることなどはありえないでしょう。

ということで小学4年生までは家庭での時間を大切にするべきでしょう。

旅行にいったり、年末年始を家族とゆっくり過ごすのもいいのではないでしょうか?

学習塾には説得されることでしょうが(苦笑い)

小学5年生は苦手分野の克服に充てる時間に

次は小学5年生です。

まもなく6年生になるタイミングですね、

苦手科目の克服に充てる時間にするのが良いのではと考えています。

集団授業では、網羅的に授業展開され復習をしていくのですが、

この網羅的というのが実は、弱点克服の観点ではあまりよくないです。

ということで学習塾をうまく利用するには個別指導で弱点補強することお勧めします。

約8日間なので、ここは弱点を絞った上で塾に相談してみてください。

すでに塾に通われている方は塾で弱点を把握しているはずなので

先生に相談してみてください。

スポンサーリンク




小学6年生は志望校別対策、過去問対策に時間を注ぐべし!

小学6年生は受験直前期になるので、しっかり必要な講座を受講すべきです。

間違っても普通の集団授業は取るべきではないと思います。

ここはしっかり過去問を使って、弱点を最終チェックするべきです。

こちらもおすすめは個別指導だと思います。

もし大手の塾で志望校対策の講座があれば受講すべきです。

受験直前期は本当に時間がないのでやるべきことを絞って勉強してみてください。

それが合格への近道になるはずです!

 

今日はこのあたりで!

ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックをお願い致します。
にほんブログ村 受験ブログへ

スポンサーリンク



スポンサーリンク




スポンサーリンク




-省エネ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした